<Kさんの場合>CSヒーリング〜おまけ話〜

最初に犬服のディスプレー用に手作りしたドッグトルソーを手にする浅香さん。
何かを感じ取ろうとした途端に、いつも気圧を感じてクラクラしているのと同じような感覚が私にも伝わって来ました。

前にも『手当て』のできる人には何人かに会ったことがあるんです。
痛い部分に手を当ててもらうと自然と痛みがとれていく〜というハンドパワーをもった人
本人たちには自覚がないようだけど、多分みんなが持っているパワーより少し強いのだと思います。

浅香さんはその力を人を癒すことで活かせる人なので尊敬してしまいます

「最初に感度の確認をします。」と言われて手を添えられると、すぐに胃の辺りからポカポカしてきて、寒い部屋にいるのに額が汗ばんでくるほど温かくなってきました

我が家は古いタイプの木造一軒家なので、下手に気密性が高くない代わりに隙間風が・・・
しかもCSさんに良くある暖房器具が苦手という理由で部屋の中に居ても息が白い

たいがい私と一緒に過ごす人たちには寒い思いをさせてしまっています。
浅香さんにもとても寒い中、施術して頂きました(スミマセン;;)

それが人だけではなかったようで。。。
部屋にある植物に浅香さんが触れた途端に植物が震えだしました。

震える植物には初めて会いました〜と浅香さん。
やっぱり寒いよね〜この部屋

実は暑い地域の水をあまり必要としない植物ほど良く枯れてしまって、毎年無事に冬を越してくれるかドキドキなんです

いつもCO2や痛みを吸収してくれている植物たちに感謝。
普段よりも多めにありがとうを伝えてみました

私の悪い部分もたくさん浅香さんに引き取ってもらったようです。
ヒーリングを始めて少し経った頃に浅香さんの口からゲフッ〜〜〜と何かが出ました。
だいぶ善からぬモノが溜まっていたのだろうな〜と二人してふき出してしまいました。

どこかの国で患部を手で揉み解して、悪い部分を自分の体に取り込みゲップとして吐き出す姉妹の映像をテレビで見たことがあるけど、それと同じ光景を目の当たりにした瞬間でした

「体が痛いぞ?」と思っていたら、一緒に居た人から「最近ここが痛むんだよね。。。」と打ち明けられたり、逆に自分が痛いと思っている場所を一緒にいる人に移しちゃった??という体験が私にもよくあります。

表面から痛みを取り除いても、深部から次から次へと痛みが沸いてくるので私的にはまだ痛みが減ったという実感はないのだけど、どれだけ移してしまったのだろう。。。これからもたくさんの痛みを移してしまうのでは。。。と心配になりました。


〜本人がmixiで書かれた原文はこちらから〜
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1097080563&owner_id=1281214


戻る
since 2009.1.1 © model O All Rights Reserved.