<Kさんの場合>CSヒーリング〜4回目〜

いつもの不眠に加えて、全身の痛み、朝方までの雨嵐で家が揺れてほとんど寝ずに朝がきました。

目蓋が痙攣することはよくあるけど、CSになってからは体のいろいろな部分にその痙攣がでることがあります。

横になりながら、ずっと右腰のくびれ辺りがピクピク
考えても原因は分からないので、筋があればピクピクもするし、筋肉運動でエネルギーを消費してくれているだろうということで放っておきました。

きっと気にしないのが一番なんでしょう

今回は月のバイオリズムで免疫力が一番下がっている不調のときでした。

全身が凝っていて倦怠感があるので、どこがどう痛いのかが分かりづらい状態でした。
「う〜ん、少し痛いかな?」と思う前に浅香さんにはしっかりと痛みが伝わっていたようです。

前日にあまりにも体中がこわばっていたので自分で揉み解していたツボを順番に浅香さんが手当てしてくださっているので、さすがですと心の中でつぶやいていました。

眉毛に沿ったツボや肩から両腕・体幹・両足に沿って内側外側のツボを押してもらいました。

話をしていて、耳鳴りがずっと止まっていることと関係があるのかは分からないけど、耳掃除をしたときに綿棒の先が黒くなっていたと伝えました。

埃の中にいた後に鼻をかむと中が黒いように、耳の中が黒いなんて生まれて初めての経験。
浅香さんもそんな話は聞いたことがないようです

耳から吸い込むことはないから、耳の中から何やら悪いモノがでたのでしょうか。。。

以前にも2日絶食をしてサプリメントで肝臓の砂だしをしたときも、肝臓から小豆大の黒豆みたいなものがたくさん出たことがあります。

そのときも担当者にいろいろな患者さんを診てきましたが、こんなに黒色のものは初めてですと言われました。

私の体から出るモノは黒いよう

漢方薬を試したときも1回目の服用で非常に稀に出る副作用に見事にヒットして担当医に驚かれました。

さまざまな対処法を試していますが、いつも初めて見るケースだと言われます。
最終的には予想していたよりも重症だと分かり、他の処方が見つからなくなって中断となります(費用的にも続けるのが苦しいので)。

もう1つの問題は、体は激痛に苦しんでいる状態でも、とても元気そうに見えるとよく言われます

激痛に苦しんでいる様子を見守ってくれていたCS友に顔はキラキラ輝いて、肌もツヤツヤしてて、目もウルウルなのに、首から上と下が別人みたいだねと言われたほど(笑)

小さい頃から痛いと言っても伝わらなかったり、逆に伝えた相手に気を使わなければなくなるので、できる限り伝えずに済ませる癖が付いています。

慣れとはすごいもので、胃腸痙攣で上からも下からも出そうとして、冷や汗をかいていても、家族も気づかずに普通に食事を摂ることができています。

通院していたときも、他の人はもっと痛がるから、あなたは大分治っていると判断されてしまいます。
伝えることって難しい

そんな私でも浅香さんは何も言わずに程度を察知してくれるので、とても安心感があります。

痛みはまだまだありますが、体が徐々に解除される感じはあります。

CSは本当に生傷が絶えないので、少しでも危険を回避すべく柔軟体操を続けていますが、鎖を巻かれているような、鋼を埋め込まれているような体のこわばりでなかなか思うように動かないのです。

施術を3回受けたくらいから、本当に体がよく伸びるようになりました。

昔のように180度開脚とはいかないまでも、目指せY字バランス

肩足などの関節がパキパキと鳴るようになったのも体調の変化が著しく出ている箇所です。

とくにだるくてわざとポキポキ鳴らすようですはないので、これも悪いモノが関節から出ている音だとすれば嬉しい音です

5回目が本当に楽しくなってきました


〜本人がmixiで書かれた原文はこちらから〜
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1114382313&owner_id=1281214


戻る
since 2009.1.1 © model O All Rights Reserved.